土地の建築条件を外す裏技!?(土地探し篇)

スポンサーリンク

こんにちは,まりおです。

今日は,我が家の土地購入にあたって問題となっていた,

「建築条件付」の外し方についてです。

さて,我が家は土地から購入して家を建てたのですが,某大手ハウスメーカーの建築条件付だった分譲地を「建築条件なし」で購入しました。

「建築条件付の土地のメリット・デメリット」については,こちらの過去記事からどうぞ。⇩

 

建築条件付き?建売?メリット・デメリットについて(土地探し編)その①
こんにちは、まりおです。 さて、前回は初めて地場の住宅メーカーに行った話をしました。 まだお読みでない方は、こちらからどうぞ ⇩ その住宅メーカーの打ち合わせのなかで、いろいろな分譲地を勧められたの...
建築条件付き?建売?メリット・デメリットについて(土地探し編)その②
こんにちは、まりおです🌻 前回は、建築条件付き?建売?メリット・デメリットについて(その①) について書きましたが、今回はその続きです。 まだお読みでない方は、こちらからどうぞ⇩ ...

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■

建築条件は外すことができる?

さて,結論からいいますと,建築条件は外すことが可能です。

ただし,すべての土地で可能というわけでは無く,見極めが肝心です。

 

 

建築条件付土地を販売する業者の思惑について

まず,販売する業者の思考を理解する必要があります。

建築条件付と建築条件なしの大まかな構図は以下のとおりです。

建築条件付 自分の会社で家を建築してもらう→建物で利益を取る
建築条件なし どこで建てても良いが土地の分譲で利益を取る

建築条件付の土地は,建築による利益を見込んで販売しています。

よって,新規分譲地が近隣の相場より多少安い価格で売り出されることが多い訳です。

では,建築条件付の土地をそのままの価格で条件を外して売ったら売り主は損をするのかというと,売主は1円も損はしません。ただ予定していた建築による利益がなくなるだけです。

いくら建築による利益が期待できるからといって,売り出しから半年もたったら銀行の借り入れ金利でそんなものあっという間に消えてなくなりますから,そういった土地は建築条件を外すチャンスがあります。



 

そのとき,運命の土地と出会った!

まりおが土地を探していた地域は,8割以上が建築条件付といった状況でした💦

土地と建物は別々にしっかり検討して建てたいと思っていましたが,そもそも分譲地が希少なうえに建築条件付の物件ばかりであったため,やむを得ず建築条件付の土地も見て回っていました…

そのような中,某大手ハウスメーカーAの紹介で,今の我が家が建つことになる土地に出会いました。

もちろん,その土地はそのメーカーAの建築条件付です。まりお夫妻は,特にそのメーカーに興味はありませんでしたが,土地は陽当たりも立地もよく大変気に入りました🌟

建築会社同士にはその地域内の付き合いがあり,ある程度融通が利く!?

さて,気に入った土地を見つけたまりお夫妻。

どうやって,その土地を手に入れるかあれこれ画策しました。

その当時,検討していた別の大手ハウスメーカーBの営業に相談してみました。


まりお夫妻:「ハウスメーカーAの土地の条件を外してもらえませんか?」

メーカーB営業:「・・・」

しばし沈黙後。。。

メーカーB営業:「実はわれわれ大手ハウスメーカー同士,地域の建築協会に属していて付き合いがあります。そこである程度の融通は利くかもしれません。もし土地の条件が外せたら,うちで建てていただけますか?」

まりお夫妻:「ちょっと,検討させてください。」


地域の付き合いで,建築条件付の土地をある程度融通しあっていることは分かりました。

しかし,まだどこで建てるかは検討中で,メーカーBに決める勇気は無かったので保留としました。

売り主と直接交渉!

ある日のこと,その土地をふらっと見に行った際,分譲地に建っていた看板に売り主が載っているのを見つけました。

調べてみると,売り主は地元のある不動産業者でした。

ダメもとで,まりお夫妻はその不動産業者を訪れました。

営業に土地の事を訪ねると,このまま売れなければ2か月後にハウスメーカーAとの契約が切れ条件無しとして売り出す予定とのこと!

いきなりのチャンス到来!!

その土地は売り出しから10か月程度経過しており,早く売りたい物件になっていたのでしょう。

ハウスメーカーAでお客が付かない事を祈る事2か月。。。

ドキドキしながら待ちました。

無事土地の契約へ

さて2か月後,不動産屋へ再度訪問したところ。。。

結局,顧客はつかなかったとのこと。

内心大喜びしつつ,もう少し我慢です。

建築条件なしの売り出し価格を見てみると,ハウスメーカーAの売り出し価格より坪1.5万円上げて来てるではありませんか。

ここから少し価格交渉です。

ハウスメーカーAの売り出し価格を知っている旨を伝え,どうにか安くならないか交渉しました。

結果ハウスメーカーAの売り出し価格と同額で売ってもらえることになりました。

本当は,もう少し減額して欲しかったですがやはり相手はプロです。駆け引きがうまい(笑)

というわけで,長い土地探しの末,無事契約することができました。

まとめ

  • ハウスメーカーの営業担当者に建築条件の土地について相談する
  • 売り主に建築条件を外せるかどうかを聞いてみる
  • 売り主が建築により見込んでいる利益分を払えば,建築条件が外れることがある
  • 半年以上売れ残りの区画など,売主が売りたい土地は建築条件が外れやすい

 

土地探し中のかたのお役に少しでもたてれば幸いです😊

 



ランキングに参加しています!

ポチッとお願いします⇩

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村



 

コメント